Header Ads

Paranormal Activity : アメリカ本日公開のキャサリン・ニュートン主演のホラー・コメディ「フリーキー」も好評のクリストファー・ランドン監督が、「パラノーマル・アクティビティ」のリブート版の新作に期待をするわけの秘密をほのめかしてくれた ! !

アメリカで今日の11月13日の金曜日に封切られた「フリーキー」は、新型トランプ感染が爆発の危機的な事態を受けて…


北米では早くも今月末の11月30日から配信スタートだけに、言わば形式的な劇場公開となっていますが…、


「ハッピー・デス・デイ」シリーズから続けて、そのキャサリン主演作のレビューも好評の絶好調のクリストファー・ランドン監督が、ホラー映画サイト Dread Central の取材に応じて語ってくれたコメントによれば…、


次の映画のシナリオを書いているんだ。シリーズをリブートするんだよ!!

…とのことで、第2作め(2010年)から脚本を担当し、第5作めのスピンオフ「ザ・マークド・ワンズ」 (2014年)のメガホンをとった同監督は「パラノーマル・アクティビティ」を再スタートする仕切り直しのリブートに取り組んでいるそうですが…、

Trailer : Freaky


とてもエキサイティングなのは監督の人選なんだ!!、それが誰なのか?!はまだ言わせてはもらえないんだけど、彼はスゴい!!、やってくれると思うよ!!、ぼくたちがシリーズをどっちの方向に持っていくのかを知ったら、きっと、みんな吹っ飛ぶに違いない!!
…だそうですから、「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのリブートは単に過去の映画の焼き直すのではなく、すでに名のある人気の監督?!、それとも新進気鋭の監督?!を起用しての思いがけない生まれ変わりの文字通りの新しいスタートになるのかもしれません…?!


いわゆる低予算ホラーのヒットを連発してきたプロデューサーのジェイソン・ブラムは一体、誰に「パラノーマル・アクティビティ」を託すことにしたのか…?!、「ゲット・アウト」(2017年)のジョーダン・ピール監督?!、「ハロウィン」シリーズのデヴィッド・ゴードン・グリーン監督?!、それとも「インヴィジヴル・マン」(2020年)のリー・ワネル監督?!、あるいはひょっとして「グラス」(2019年)のM・ナイト・シャマラン監督?!といった最近のプロデュース作品で組んだ監督たちの名前が即座に浮上しそうですが、オリジナル映画の第1作め(2007年)を作ったオーレン・ペリ監督の可能性もあり得るのかも?!
さて、CIA リーダーのみなさんは「パラノーマル・アクティビティ」の再スタートが隠し持っているらしい期待の才能はいった、誰だと予想されるでしょう…?!、乞うご期待です!!

Photo Credit: © Universal Pictures / Blumhouse Productions. All Rights Reserved.


Powered by Blogger.