Header Ads

'Doctor Strange 2' Stay Top Spot and 'Firestarter' Not Burn at Box Office💰「ドクター・ストレンジ 2」が週末興行ランキングの首位連覇を果たすも、マーベル人気に陰りが見えた急落と同時に美少女ライアン・キエラ・アームストロングちゃん主演の現代版「炎の少女チャーリー」も炎上せず、ガッカリのデビュー ! !

「ドクター・ストレンジ 2」の「マルティバース・オブ・マッドネス」が公開2週めも全米映画興行の…


週末ランキングの首位を連覇する大ヒットを続けるであろうことは、あらかじめ、わかり切っていたので、いったい、どれだけの金額を売りあげるのか…?!、その数字の大きさこそが、むしろ焦点でしたが…、


$61,003,000−(4,534館/$13,455)−$291,862,523


RT の評論家の支持率 75 % / Metacritic スコア 61 / 出口調査の CinemaScore B+

ディズニーの公表によれば、公開2週めの週末に約6,100万ドル…ということは、レジェンダリーのゴジラ・シネマティック・ユニバースの第2作めながら、ロキのトムさんとキャプテン・マーベルのブリーが主演したうえ、ニック・フューリーのサミュエル・L・ジャクソンも出演していたので、マーベル・ファンは並行世界を舞台にした「What If...?」の1本だと冗談を言っている「コング: スカル・アイランド」(2017å¹´)のオープニング成績の約6,103万ドル(3,846館)に匹敵する大ヒット!!


…として、拍手を贈られて当然のはずが、先週の巨額のオープニング成績の約1億8,742万ドルから実に7割近い約−67%の大きな急落にあたることが指摘され、映画のビジネスを支えてきた感のあるマーベルの人気に陰りが見えたのでは…?!と不安視され始めています…。この「DS2 in MoM」の約−67%の失速は…、

「ファイアースターター」の美少女ライアン・キエラ・アームストロングちゃんが、スカーレット・ジョハンソンのナットが過去の自分の判断を後悔して、トラウマを抱えるはめになった重要な役どころを演じてくれた「ブラック・ウィドウ」(2021å¹´)の約−68%と同等の集客減にあたるほか、ドクター・ストレンジが登場した前作「スパイダーマン : ノー・ウェイ・ホーム」の同じく約−68%とも同等ですが…、


フローレンス・ピューの二代目ブラック・ウィドウのエレーナが初登場した前者が封切られた昨2021年夏の当時は、現在よりもコロナの感染が恐れられていたため、映画館での封切りと同時に Disney+ から有料のプレミア配信も行いましたから、リピーターが配信の視聴のほうに流れてしまい、大きな集客減になったこと、そして…、


「ノー・ウェイ・ホーム」は、「アベンジャーズ: エンドゲーム」(2019å¹´)が記録した約3億5,712万ドル(4,662館)に次いで、全米映画興行史上の歴代第2位にあたる封切り成績の約2億6,014万ドル(4,336館)を叩き出したため、そのトンデモない巨額に対して、公開2週めの集客減が数字の見た目では大きくなるのは、ある意味、当然と言えるのと同時に、12月17日封切りだった「ノー・ウェイ・ホーム」の2週めの週末の24日から26日はクリスマスですから、そもそも映画館に観客がやって来ないのも当たり前…。

…と、それぞれ仕方のない事情だった約−68%だったのに対して、「ドクター・ストレンジ 2」は特に事情もないのに約−67%の大きな急落になってしまったわけですが、それではどうして、「マルティバース・オブ・マッドネス」の客足は思ったほど伸びないのか…?!のわけとして言われているのは…、


「エンドゲーム」後…のシネマティック・ユニバースの現在のステージのフェーズ 4 のテーマの並行世界は、コミックヒーロー映画の熱心なファンにこそウケていますが、本来は異なる世界観にあるはずの作品やキャラクターが容易に…あるいは安易にクロスオーバーが可能の並行世界は、つまり何でもアリか…として、世間一般には、あまり感心されていないこと、それでも…、

「ノー・ウェイ・ホーム」は、昔のスパイダーマンのピーター②のトビー・マグワイアとピーター③のアンドリュー・ガーフィールドを登場させたことが、あぁ、青春時代に帰りたい…といった世代の郷愁に訴えるノスタルジック商法の焼き直し映画「懐かシネマ」の要素をはらんだことで、想定以上の大成功になったのに対し、旧「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督がメガホンをとったとは言え、「MoM」の並行世界には「ノー・ウェイ・ホーム」ほどの大きなインパクトは感じられず、また…、

「スパイダーマン」ではなく、そもそもはホラー映画の創り手のサム・ライミ監督を起用して、ホラー色の強いコミックヒーロー映画に仕上げたことをアピールした宣伝が裏目に出てしまったらしく、児童を含めたファミリー層の観客に敬遠されてしまったらしいこと…、それから…、

スカーレット・ウィッチに進化したワンダ=リジーをダブル主演にした「ワンダヴィジョン 2」?!めいたところや、並行世界を多彩な切り口から描いたアニメ「What If...?」の要素を採り込んだ辺りは、Disney+ をサブスクしていない人にはピンとこず、その見どころの魅力が伝わらないため、以前は映画だけで進行していたシネマティック・ユニバースが、映画と映画のあいだに配信シリーズを挟み込むスタイルに変わったことが、ややマニア向けめいてしまい、全体のストーリーの流れを追ってくのが、もう面倒くさいとなり、もしかするとマーベル離れのキッカケになったのでは…?!などと分析されていますが、ただし…、


「ドクター・ストレンジ 2」は公開2週めにして、国内の売りあげがもう3億ドル目前の約2億9,186万ドルにまで達し、前作(2016å¹´)の最終的な興行成績の約2億3,264万ドルを突破していますし、いわゆる西側諸国と冷戦状態に入ったロシアと中国の2大市場では上映されていないのに、全世界総額の興行成績は前作の約6億7,635万ドルを早くも超えた約6億8,810万ドルにまで達していますから、なんだロシアや中国なんて必要なかった…はさておき、マーベルが大ヒット快進撃!!を続けているのは間違いありませんから…、


コメディ色と痛快アクションの醍醐味を強く押し出し、ファミリー層にも問題なさそうなシネマティック・ユニバースの次作「ソー : ラブ&サンダー」(今夏7月8日全米公開)が、さらに盛り返すだろう…!!という先読みの期待大を踏まえると、マーベルのコミックヒーロー映画の世界が以前より深まったことで、ついてこれなくなった人もいたりするのかもしれませんが、世界の映画興行をけん引する人気は、まだまだ続くのではないでしょうか…!!

© Disney / Marvel Studios. All Rights Reserved.


前述の「ブラック・ウィドウ」のほか、スターロードのクリス・プラットと共演した Amazon Prime 配信の SF アクション超大作「ザ・トゥモロー・ウォー」(2021å¹´)でも注目された美少女ライアン・キエラ・アームストロングちゃんを主演に起用して…、

スティーヴン・キング作の同名小説(1980å¹´)をあらためて再映画化した「ファイアースターター」が、「ドクター・ストレンジ 2」に太刀打ちできるわけもなく、ハナから大きなヒットは期待されてませんが、希望的な期待値の800万ドルに対して、その半分以下の約382万ドルしか稼ぐことができませんでした…。

ファイアースターター」(製作費 : 1,200万ドル)

$3,820,000−(3,412館/$1,120)−$3,820,000


RT の評論家の支持率 12 % / Metacritic スコア 33 / 出口調査の CinemaScore C-

配給のユニバーサル映画は、同社の配信サービス Peacock から封切りと同時配信のリリース形態をとったので、映画館に観客が来ないのは仕方がない…と諦めることができそうですが、しかし、子役を始める…

より前の6歳か7æ­³…ということは小学1年生ぐらいの時に、自分の理想の人に変身しましょう…!!という課題を学校で与えられたらしいライアン・キエラ・アームストロングちゃんが、「E.T.」(1982å¹´)の小さなヒロインのガーティちゃんのコスプレをした…!!という逸話に大感激をして、とにかくライアンちゃんに接近せずにはいられないソワソワぶりからしても、自分の当たり役の炎の少女チャーリーが復活したことがうれしくてたまらないらしいドリュー・バリモアを、どうしてカメオ出演させなかったのか…?!

Ryan Kiera Armstrong Recreates the Iconic "Firestarter" Poster with Drew


ドリュー・バリモアが現在は自分の名前を冠した CBS のトーク番組「ザ・ドリュー・バリモア・ショー」のホストとして、あらためて人気を博している大成功を踏まえると、元祖チャーリーも再登場!!の「懐かシネマ」の話題性を含めれば、現代版はもっとヒットしたのかも…?!、ちなみに…、


ドリュー・バリモアちゃん撮影時8歳が主演した「炎の少女チャーリー」は、1984年の夏の話題作として、1,356館で封切られ、封切り成績は約470万ドルでしたから、お金の価値の変化のインフレ率を考慮して、現在の金額に換算すると約1,294万ドルの売りあげだったことになるので、それと比べると…、

かなり見劣りしてしまう現代版ですが、しかし製作費は安価の約1,200万ドルですから赤字決算におちいる可能性は低そうですし、低予算のホラー映画を量産して大儲けのプロデューサーのジェイソン・ブラムは、すでに「ファイアースターター」のシリーズ化を視野に入れているので、ライアン・キエラ・アームストロングちゃんのチャーリーが帰ってくることもあり得そうです…!!

© Universal Pictures / Blumhouse Productions. All Rights Reserved.



Powered by Blogger.