Header Ads

'Ticket to Paradise' better than projected at Box Office💰ヤング・ハリウッドの演技派女優のケイトリン・ディーヴァーが、ジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーの2大スターと共演し、観客の7割以上を占める女性たちが大満足のロマコメ「チケット・トゥ・パラダイス」が期待値を超えた封切り成績のデビュー ! !

Disney+ 配信の同じくロマコメの主演作「ロザライン」も好評のケイトリン・ディーヴァー 25歳が…


ヒロインをつとめて、大先輩のジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーの2大スターと共演し、インドネシアのバリのリゾートを舞台にした「チケット・トゥ・パラダイス」は、先月9月から世界各国で封切られ始め、それぞれの国と地域の興行ランキングで軒並み初登場第1位!!か、上位に位置する好評を博し、そうした先行した諸外国での売り上げが、すでに約8,235万ドルに達していますが…、


「ベスト・エキゾチック・マリゴールド・ホテル」シリーズを大ヒットに導いた脚本家であり、「マンマ・ミーア 2」(2018å¹´)のメガホンをとったオル・パーカー監督が手がけたロマコメを、ようやく本国で公開した配給のユニバーサル映画が週末3日間の封切り成績の見込みを約1,634万ドルと発表したことから…、

チケット・トゥ・パラダイス」(製作費 : 6,000万ドル)

$16,340,000−(3,543館/$4,612)−$16,340,000


RT の評論家の支持率 55 % / Metacritic スコア 50 / 出口調査の CinemaScore A-

期待された想定の1,200万ドル前後を超えた幸先のよいデビューを国内でも果たすことができました…!!と書けば、ジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーほどの大物の共演作なんだから、封切り成績が 2,000万ドルを超えてもよいのでは…?!とも思われそうですが、オーウェン・ウィルソンとジェニファー・ロペスが共演し、今春公開されたロマコメの「マリィ・ミー」の封切り成績は、たったの約795万ドルでしたし、シャーリーズ・セロンとセス・ローゲンが共演し、2019年夏に封切られたロマコメ「ロング・ショット」の同成績はやっぱり、たったの約974万ドルだっただけに…、

パンデミック前から集客に苦戦しているジャンルのロマコメは封切り成績が1,000万ドルに満たないことも珍しくないため、「チケット・トゥ・パラダイス」が約1,634万ドルを稼いだのは、むしろ大ヒットと言えそうです…!!、それに加えて、ケイトリン・ディーヴァー扮する娘のリリーが旅先で出会った男性(インドネシアの俳優のマキシム・ブティエ)と早まった結婚をするのをとめようと躍起になる元夫婦のジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーが悪戦苦闘のすえ、思いがけず再び絆を深めていくロマコメの…

北米の封切り興行の観客の7割以上を占める女性たちが内容に満足し、出口調査のスコアが “ A- ” の高評なので、これから口コミによる集客が期待できそうですし、また観客の半数近くが 45歳以上のアラフィフということは、つまりジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーが、それぞれ絶頂期だった90年代の活躍を知っている世代が、やはり主な観客層のようですから、そうした大人の観客は混みあう封切り興行に焦って駆けつけたりはせず、徐々にあとからやって来て、客足が途切れない…の傾向を踏まえると…、


前述の諸外国での売りあげに北米の封切り成績を足すと、すでに大台の1億ドル突破確実の約9,869万ドルを稼いでいる「チケット・トゥ・パラダイス」は、ユニバーサル映画にとっては、まさに題名通りパラダイスへのチケットのような息の長いヒット作になるのかもしれませんね!!、なお…、



クロエ・モレッツちゃんの友だちの無名の一般人 ” とカン違いされ続けてきたケイトリン・ディーヴァーが確かな演技の実力を持った女優だということが世間に認知された青春コメディ「ブックスマート」(2019å¹´)の共演者のビリー・ラード、つまり故プリンセス・レイアの娘が、このロマコメでも共演してくれています…!!


上 ↑ の文字のリンク、またはすぐ下 ↓ のポスターをタップしてください…!!

© Universal Pictures. All Rights Reserved.

Powered by Blogger.