Header Ads

Black Panther 2's sophomore weekend lower than expected, The Menu got off promising start💰公開2週めの成績が期待値を下まわるも大ヒットのディズニー・マーベルの「ブラック・パンサー 2」とは異なる観客層に向け、ディズニー・サーチライトが封切った ATJ 主演の狂ったレストランの美食スリラー「ザ・メニュー」が期待値を超えた健闘 ! !

今週の木曜日の11月24日は、いよいよ、やって来た!!のお待ちかねのサンクスギビング・デーにつき…


これから始まる感謝祭の大型連休のうちに観ればいいよ…!!と考えた人も少なくはないでしょうから、「ブラック・パンサー 2」の「ワカンダ・フォーエバー」が期待された公開2週めの売り上げの7,000万ドル突破を果たせず、約6,730万ドルの結果だったのも仕方がないかな…


$67,300,000−(4,396館/$15,309)−$287,992,647


RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

…と納得して理解することができそうですが、公開2週めの集客減としては、やや不評だった「ソー 4」が約−68%の観客を失い、約4,663万ドル(4,375館)の売り上げだったことや、「ドクター・ストレンジ 2」は約−67%の観客を失って、約6,176万ドル(4,534館)だった最近のマーベル作品の実績を振り返ると…、


集客減を約−63%に抑えて、「ドクター・ストレンジ 2」の数字を上まわり、ベネディクト・カンバーバッチ主演作の公開2週めの国内での売り上げの約2億9,262万ドルに対して、約2億8,799万ドルを稼いでいる僅差ですし、世界総額の興行成績は早くも5億ドル突破!!の約5億4,630万ドルに達してる絶好調!!を踏まえると「ブラック・パンサー 2」の興行に特に問題があるとは思えません…!!

© Disney / Marvel Studios. All Rights Reserved.

…と、そんな大ヒットのディズニー・マーベルのコミックヒーロー映画のブロックバスター大作に対して、製作費が約3,000万ドルを超えているので、小品とまでは言い難いものの…、

カルト的にフツーに狂っている内容が、フローレンス・ピュー主演の「ミッドソマー」(2019å¹´)に例えられているだけに、いわゆる単館系向けのシネマ・スペシャリテめいたスリラーの異色作「ザ・メニュー」を放ったディズニー・サーチライトは…、


前夜祭興行の売り上げが、同じく ATJ、つまりアニヤ・テイラー=ジョイが主演女優をつとめて、今春公開された「ノースマン」の成績の約135万ドルに近い約100万ドルだったことで、ロバート・エガース監督のバイキング映画の封切り成績=約1,229万ドル(3,234館)から推して、1,000万ドルを超えるのでは?!と期待されましたが…、

ザ・メニュー」(製作費: 3,000万ドル)

$9,000,000−(3,211館/$2,803)−$9,000,000


RT の評論家の支持率 90 % / Metacritic スコア 71 / 出口調査の CinemaScore B

結果は及ばず、1,000万ドル台に達しない約900万ドルに甘んじてしまいました…。しかしながら、そもそもマーク・マイロッド監督の狂ったレストラン映画に予想されていた封切り成績は800万ドル前後でしたから、その当初の期待値に対しては、数字を上まわった成功のヒット!!となっています!!



ちなみに、孤島のレストランの狂った晩餐に招かれた客のひとりとして、ジョン・レグイザモ(「シェフ」2014å¹´)が演じた…(↓)

落ち目のくせに傲慢の元人気アクション映画スターのモデルは、日本の大阪ローカルで “ おもろいガイジンさん ” として話題になったあと、ハリウッド映画界に進出して成功し、ロシアの独裁者プーチンを崇拝する狂信者だけに、ウクライナ侵攻は正しいと支持しているスティーヴン・セガールを小バカにしたものだそうです!!、ジョン・レグイザモは「エグゼクティブ・デシジョン」(1996å¹´)で共演した時に傲慢なセガールとの間で不愉快なことがあったようですね…!!






上 ↑ の文字のリンク、またはすぐ下 ↓ の写真をタップしてください…!!

© Disney / Searchlight Pictures. All Rights Reserved.

Powered by Blogger.