Header Ads

'M3GAN' Topped the Friday and Over-performed at Weekend Box Office 💰「ジュラシック・ワールド」を超えて、早くも興行ランキングの歴代トップ10入りの驚異の「アバター 2」を相手に「ブラック・ウィドウ」の子役ヴァイオレットちゃん主演のお友だちロボットのホラー「メーガン」が、まさかの大健闘の想定を超えた成功の封切りヒット ! !

どうやら、ここから抜け出すことはできなさそうだね、続編シリーズを作るしかないじゃないか…!!


…などと、これから6〜7年間もの長きにわたって続きそうな自分の仕事の予定が決まったも同然の先が見えたことについて、まるで人生を諦めたかのようなコメントを、ジェームズ・キャメロン監督が GQ で語ったのは…


これがコケたら、すでに着手している続きの「3」と「4」を完成することはできない…と覚悟して、勝負を賭けていた「アバター 2」の大ヒットの勢いがとどまることなく、公開4週めだというのに、この週末も…

アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(製作費 : 推定4億6,000万ドル)

$45,000,000−(4,340館/$10,369)−$516,789,379


RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A

「マッドマックス : フューリー・ロード」(2015å¹´)の封切り成績の約4,543万ドル(3,702館)に迫った約4,500万ドルを稼いだ「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」の国内での現時点の売り上げが、早くも5億ドルを突破し、「スター・ウォーズ」覚醒トリロジー完結編「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」(2019å¹´)の記録の約5億1,520万ドルを超えて、約5億1,679万ドルに達したことから、全米公開映画史上の第16番めの大ヒット作にまで浮上してきた「アバター 2」は…、

昨2022年夏の大ヒット作「トップガン 2」の「マーベリック」が国内で稼いだ約7億1,873万ドルにまだ、たどり着かないものの、海外市場の売り上げが10億ドルを突破して、約11億9,130万ドルに達し、それを前述の国内の数字に追加した世界総額の成績が約17億809万ドルにまで昇りつめたことから、「アバター 2」が赤字になる可能性が、ほぼ消滅し、収支の釣り合いのとれるメドがついたため、ジェームズ・キャメロン監督は「アバター 3」と「4」どころか、さらに続く完結編の「5」では終わらず、ディズニーからの要望に応じて、「アバター 7」や「アバター 8」までを世に送り出す義務を課せられるとするなら、現在68歳の同監督の映画人生はもう惑星パンドラから脱出することはできないかもしれません…?!、なので…、

まるで人生を諦めたかのようにも受けとめられるコメントにもなったりするわけですが、世界総額の成績においては、「トップガン 2」の約14億8,758万ドルを超えて、晴れて昨2022年公開映画の No.1 ヒット作の王座に着いた「アバター 2」は今のところ、マーベルのヒーロー大集合映画の第1å¼¾「アベンジャーズ」(2012å¹´)=約15億1,510万ドル、実写じゃなくて、CG アニメ版の「ザ・ライオン・キング」(2019å¹´)の約16億4,773万ドル、そして、「ジュラシック・ワールド」(2015å¹´)の約16億6,996万ドルを超えて…、


映画史上第7番めの超特大ヒット作の位置にまで来ましたが、ひとつ上の第6位の「スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム」(2021å¹´)の記録=約19億1,004万ドルに迫るのも時間の問題では?!、なお、15億ドル以上の巨額ヒットを叩き出した監督としては…、

© Disney / 20th Century Studios. All Rights Reserved.

「アベンジャーズ」の「インフィニティ・ウォー」(2018å¹´)と「エンドゲーム」(2019å¹´)とを連続して手がけたルッソ兄弟監督と「アバター」の前作(2009å¹´)と「タイタニック」(1997å¹´)のキャメロン監督が、ともに2本の15億ドル超え!!で並んでいましたが、キャメロン監督がさらに「アバター」をもう1本追加したことで、アンソニーとジョーの兄弟に差をつけ、15億ドル超え巨額大ヒットを3本も放った史上初の監督の前代未聞のヒットメーカー!!の王者となっています…!!と、そんなトンデモない大ヒットの「アバター 2」を相手に…、


夕方の午後5時上映スタートでしたから、かろうじて前夜祭と言えそうな先週の木曜日(5日)の売り上げ=約275万ドルを含めた初日金曜日の成績が、約1,173万ドルだったことで、「アバター 2」の同日の成績の約1,141万ドルをおさえて、いきなり、日ごとのランキングの第1位に躍り出た出足の勢いが、ひとつの快挙として話題になっていた…

「ブラック・ウィドウ」(2021å¹´)のフローレンス・ピューの少女時代を演じて、リトル・エレーナとして知られる名子役のヴァイオレット・マクグロウちゃんが主演のお友だちロボットの人形ホラー「メーガン」を配給するユニバーサル映画が公表した封切り成績は…、

メーガン」(製作費 : 1,200万ドル)

$30,200,000−(3,509館/$8,606)−$30,200,000


RT の評論家の支持率 94 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore B



前述の初日の実績から推定された 2,700万ドル前後の売り上げを超えた約3,020万ドルでした!!、製作費が約1,200万ドルと安価のジェラルド・ジョンストン監督(Netflix「ニュー・レジェンズ・オブ・モンキー」2018å¹´)のホラー映画に、そもそも期待されていた封切り成績は、1,000万ドルを稼げば御の字!!でしたから、えッ?!、そのノルマの3倍以上の大成功だったの…?!と「アバター 2」に封じ込められるどころか、前述のように逆に初日には勝利してしまった…

新年2023年最初のヒット作の「メーガン」は、ほぼ同時に封切られた諸外国から約1,483万ドルを稼いで、全世界総額の封切り成績は約4,503万ドルですから、前述の安価の製作費を回収して、黒字になるのはもう間違いありません!!、よって、予告編が SNS で大ウケしたことで、公開前から続編製作がほぼ決定!!と言われていた恐ろしいのにユーモラスなお友だちロボットが帰ってくるのはもう絶対!!と言い切っても大丈夫ではないでしょうか…!!、なお、育児がテーマだけに、全米の封切り興行の観客の半数以上を女性が占め…、


34歳以下が約6割と観客の年齢層が若いことで、さらに口コミが盛りあがりそうな「メーガン」は、笑顔が耐えないことで恐ろしいホラー映画「スマイル」(2022å¹´)に続くカルト人気のヒット作!!として、客足を持続しそうですが、過激描写を含めた大人向けの R 指定ではなく、ホラーとしては魅力を欠いてしまう…と言われる実質的に年齢による視聴制限がないに等しいだけに児童も楽しめちゃう PG-13 のホラー映画が…

2,000万ドル以上の封切り成績を稼いだ成功をおさめたのは、パラマウント映画のモンスター・ホラー映画の人気シリーズ「ア・クワイエット・プレイス」の第2弾が、昨2021年初夏に記録した約4,755万ドル(3,726館)以来ですから、やっぱり快挙のメーガン!!と言ってあげてもよさそうですね…!!


上 ↑ の🚩文字のリンク、またはすぐ下 ↓ のポスターをタップしてください…!!

© Universal Pictures / Atomic Monster / Blumhouse Productions. All Rights Reserved.

Powered by Blogger.