Header Ads

Brad Pitt’s 'Bullet Train' underwhelmed at the Box Office 💰 今夏最後のアクション映画の話題作「プレイ」が配信された週末に映画館に登場したブラッド・ピット主演の今夏最後のブロックバスター映画の話題作「バレット・トレイン」が、かろうじて及第点ながら弾丸列車とは言えない成績のデビュー ! !

この夏のアクションを売りにした映画としては…




今週末の8月12日から配信の Netflix のジェイミー・フォックス主演のヴァンパイア映画「デイ・シフト」や、来週末の8月19日全米公開のイドリス・エルバ vs.百獣の王のライオンの「ビースト」などもありますが、「プレデター」が、ついにシリーズのファンの期待にそう傑作を作った!!として、大絶賛の前評判が伝えられていた「プレイ」が、ディズニーの配信サービスに登場し、これは必見!!の口コミが拡散されて、話題沸騰の週末に…

バレット・トレイン」(製作費 : 9,000万ドル)

$30,125,000−(4,357館/$6,914)−$30,125,000


RT の評論家の支持率 54 % / Metacritic スコア 49 / 出口調査の CinemaScore B+

やはり、アクションを売りにしたブラッド・ピット主演の「バレット・トレイン」を全米公開したソニピが、週末3日間の売り上げとして、約3,013万ドルの封切り成績を発表しました…!!、この約3,013万ドルの金額は…、


この弾丸列車にも出演してるサンドラ・ブロックが、チャニング・テイタムと迷コンビを組み、主演をつとめながらも、カメオ出演とは言えないブラッド・ピットの活躍のほうが、むしろ話題だった今春全米公開のアクション・コメディ「ザ・ロスト・シティ」の同成績の約3,045万ドル(4,253館)と同等の結果ですし…

この伊坂幸太郎さん原作「マリアビートル」の映画化のメガホンをとったデヴィッド・リーチ監督が、相棒のチャド・スタエルスキ監督と組んで、鮮烈なデビューを飾った「ジョン・ウィック」(2014å¹´)の続編として、チャド監督が単独で手がけ、2017年の春に封切られた「チャプター 2」(2017å¹´)の封切り成績も同等の約3,044万ドル(3,113館)でしたから…、


ひとまず手堅いデビューを飾ったと讃えられそうですが、そもそもはブラッド・ピットの代役のスタント・パーソンだったデヴィッド・リーチ監督の作品だけに、ブラッド・ピットのカメオが話題になった「デッドプール 2」(2018å¹´)のいきなり1億ドル超えの約1億2,551万ドル(4,349館)の封切り大ヒットや、ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムが迷コンビを組んだ同監督の「ホブス&ショウ」(2019å¹´)の約6,003万ドル(4,253館)の封切り成績と比べると、「ワイルド・スピード」のスピンオフのほぼ半額か…

…と、人気シリーズじゃないから仕方がない…とは言え、デヴィッド・リーチ監督のアクション映画としては、今ひとつ振るわなかった感になりますし、ブラッド・ピットはゾンビ・ホラーのアクション映画の主演作「ワールド・ウォー Z」(2013å¹´)が、約6,641万ドル(3,607館)の封切り大ヒットを叩き出した実績もありますから、この「バレット・トレイン」が…


ブラッド・ピット史上最大の公開規模の4,357館で封切られたのに…や、映画の公開形態が多様化し、鑑賞券の顧客単価が上昇していることなどを踏まえると、封切り成績の約3,013万ドルは必ずしも不発とは言えませんが、サマームービーのブロックバスター系の話題作としては辛うじて、どうにか及第点?!の微妙な結果のように思われます。そして…、


デヴィッド・リーチ監督のアクションの醍醐味は楽しめるものの、「イングロリアス・バスターズ」(2009å¹´)と「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(2019å¹´)の成功により、ブラッド・ピットとも名コンビと言えるクエンティン・タランティーノ監督が得意としたアンサンブル・キャストのコメディを目指そうとした?!と指摘され、そのあたりが目ざわり…と不評を買っている「バレット・トレイン」は、映画の格付けサイト Rotten Tomatoes では、ジャーナリストから 54% の支持しか得られておらず、こんなものにお金を払ってはいけない腐敗映画に認定されていますし、出口調査のスコアも、やっぱり、辛うじて及第点の “ B+ ” ですから…、

えッ、どうして、「プレイ」じゃなくて、ほかの映画を観たの?!、「10 クローバーフィールド・レーン」(2016å¹´)のダン・トラッチェンバーグ監督の「プレデター 5」を観ない理由がある?!ぐらいの強力な口コミの勢いを得られるとは思えませんから、「バレット・トレイン」の国内の最終的な興行成績は前述のブラッド・ピットのカメオ出演作「ザ・ロスト・シティ」と同等の大台の1億ドルを辛うじて突破した約1億534万ドル前後にとどまるかもしれませんね…。なお、諸外国からの売り上げの約3,240万ドルに国内の成績を足した「バレット・トレイン」の世界総額の封切り成績は約6,253万ドルとなっています。


© Sony Pictures. All Rights Reserved.

Powered by Blogger.