Header Ads

'Avatar: The Way of Water' debut lower than expected at Box Office 💰 観客の9割以上が満足の「アバター 2」の「ウェイ・オブ・ウォーター」が、「スター・ウォーズ 7」の公開2週めにもおよばない成績だけに期待ハズレに見える12月封切り映画史上6番め大ヒットのスローなデビュー ! !

約13年前の2009年末の同時期に封切られて、世界総額の興行成績が、まさかの映画史上最大の…


巨額の約27億8,796万ドルを稼いだ歴史的大ヒット作の「アバター」は、その記録をいったんはマーベル・シネマティック・ユニバースの最初のクライマックスだった「アベンジャーズ: エンドゲーム」(2019å¹´)=約27億9,773万ドルに追い抜かれてしまったものの、この続編の封切りに向けて、リバイバル上映を行ったことから数字が追加されて、約28億9,938万ドルに達したことで、「エンドゲーム」を抜き返し、あらためて映画史上最大ヒット作の頂点に君臨しているだけに…、


果たして、その遅れに遅れて、前作のブームから約13年が過ぎ去り、ようやく完成した続編「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」は、どれだけの封切り成績を叩き出すのか…?!、映画ファンのみならず世間の注目を集めていましたが、製作・配給のディズニー・20世紀スタジオが公表した金額は…、


$134,000,000−(4,202館/$31,890)−$134,000,000


RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A

マーベル・ファンは大ヒットとは思わないかもしれない約1億3,400万ドルでした…!!、マーベル・シネマティック・ユニバースの歴代の封切り成績の記録に当てはめると、この夏に封切られて、不発のように言われた「ソー 4」の「ラブ&サンダー」の約1億4,417万ドル(4,375館)のすぐ下の第14位になってしまう「アバター 2」の封切り成績は、ロバート・パティンソン主演の「ザ・バットマン」=約1億3,401万ドルに僅差で敗れ、今年2022年の年間の封切り成績のランキングでは第6位に着ける結果となっています…。

そして同じく、年末年始の話題作として、12月に全米公開されたブロックバスター映画の封切り成績の歴代の記録でも「スター・ウォーズ」のサーガの本流ではないアンソロジー第1ç« 「ローグ・ワン」(2016å¹´)の約1億5,508万ドル(4,157館)におよばず、やっぱり第6位になってしまった「アバター 2」は…、

「スター・ウォーズ」覚醒トリロジーの第1作め「ザ・フォース・アウェイクンズ」(2015å¹´)の公開2週めの成績の約1億4,920万ドル(4,134館)にすら劣っていますから、封切りではなく単に12月の週末興行成績のランキングでは、ひとつ下の第7位に位置することになってしまいます…。

真っ青なネコ人間みたいなエイリアンが主人公の映画なんて、誰が観るんだ…?!などと罵られて、絶対に当たらない!!という声も封切り当時あった前作は、その新しい 3D 映画の魅力の口コミが拡がり、リピーターが続出したことで、前述のように映画史上最大ヒット作の王座に昇りつめたものの、面白みがまだ知られていなかった封切りの成績は約7,703万ドル(3,452館)の並の大ヒットでしかありませんでしたから…、

それから約13年が過ぎ、もはや「アバター」を知らないものはいない状況だけに続編「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」は前作よりも、ちょうど 1年前と言えそうな昨年2021年末12月17日に全米公開されて、マーベル・シネマティック・ユニバース史上 2番めの封切り大ヒットになり、「スター・ウォーズ」を追い抜き、12月公開映画史上最大の封切り特大ヒットの約2億6,014万ドル(4,336館)もの巨額を叩き出した「スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム」と比較する勝負のほうが、むしろ関心を集めていましたが、結果としては、スパイダーマンのトリオの半分に近い金額しか稼ぐことができませんでした…。と書けば…、


「アバター 2」の北米での前売り鑑賞券の発売開始にあわせて、お伝えした封切り成績の予想の少なくとも1億5,000万ドルから、1億7,500万ドル…もしかするといきなり、2億ドルの超大台を突破か…?!の大きな期待は肩すかしだったことになりますし…、


実際のところ、宣伝費を含めない映画のコストとして、製作費に約4億6,000万ドルものトンデモない巨額が注ぎ込まれたらしい…と言われる「アバター 2」が、赤字を出すことなく、収支の釣り合いをとるためには世界総額の興行成績が最終的に20億ドルを超えなければ…と、ジェームズ・キャメロン監督がほのめかしていたことを振り返ると…、



意外に集客できなかった…という驚きこそあれ、そんなにビックリでもない出足の封切り成績だった「アバター 2」は大丈夫か?!、巨額の赤字を抱え込んで、このあとの続編製作の予定に悪影響を与えるのでは…と心配になってしまいますが、ネタバレを食らう前に早く観なければ…!!と若者たちが焦って、映画館に駆けつけるコミックヒーローものとは違い、25歳以上の大人の観客が約4割を占めている「アバター 2」は、やや年齢層が高いだけに、大人の観客は混みあう封切りを避け、年末年始の休みのうちに観ればいい…とばかりに、ゆっくりとやって来る傾向や…、

出口調査の評価のスコアが最高に近い “ A ” を与えられている「アバター 2」は観客の9割以上が満足したの回答ですから、これから口コミが拡がり、前作と同様に日を追うごとに動員が増す集客力の発展と持続性に期待が持てそうなこと、そして、上映時間が約3時間12分の長尺だけに、1日あたりの上映回数が限られてしまう…つまり映画館の座席の回転率がよろしくないだけに封切り成績が伸びないのは仕方がない…の事情を踏まえると、最初の週末の興行成績が思ったほど振るっていないからと言って、いきなり「アバター 2」を興行的失敗のように決めつけるのではなく…、

約7億1,873万ドルの巨額を稼いで、年間興行成績の第1位にまで上昇した今年2022年最大ヒット作「トップガン 2」の封切り成績は「アバター 2」よりも少ない約1億2,671万ドル(4,735館)だったが、やっぱり、大人の観客が多い作品だけに、ややスローなスタートだった…の最近の前例もあるわけですから、そうした一切合切を含めると「アバター 2」の興行の成否は、しばらく様子を診てから、判断したほうがよいように思われます。さらに加えて…、


意味不明の様々な政治的都合を理由にアメリカ映画…特にマーベルのヒーロー映画の公開を拒否するくせに、なぜか?!「アバター」は大好きだから、さっそく「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」を封切った中国で稼いだ約5,710万ドルを含めた諸外国からの売り上げの約3億ドルを含めた全世界総額のオープニング成績は約4億3,450万ドルにまで達し、「ブラック・アダム」のドウェイン・ジョンソンが実際は赤字になりそうなのに大ヒットだと豪語している現時点での世界総額の売り上げ=約3億9,002万ドルを軽く超えたばかりか、主演のシムがブサメンだから…の失礼な理由も含めて、中国が当然、公開を拒否したマーベルの「シャンチー」(2021å¹´)の記録=約4億3,222万ドルをも、いきなり追い抜いてしまっています…!!

よって、なぁ〜んだ、結局やっぱり大ヒットじゃないか…!!と、ひとまず結論づけることもできなくない「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」ですが、ちなみに国内の前夜祭興行の売り上げ=約1,700万ドルを含めた初日の興行成績は約5,300万ドルでしたから、見た目は大人の DC ヒーロー映画「シャザム」(2019å¹´)の週末3日間のオープニング成績=約5,351万ドル(4,217館)や、日本を舞台にしたヒーロー映画の異色作「ザ・ウルヴァリン」(2013å¹´)の同成績=約5,311万ドル(3,924館)に近い金額をたったの1日半だけで稼いだことになります…!!

さて、驚異の金運の持ち主のジェームズ・キャメロン監督は最終的にどんな驚きの結果をもたらしてくれるのか…?!、「アバター 2」の「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」の興行成績の進展をお楽しみに…!!


上 ↑ の 🔗 文字のリンク、またはすぐ下 ↓ の写真をタップしてください…!!
© Disney / 20th Century Studios. All Rights Reserved.

Powered by Blogger.