Header Ads

Horror Survival Video Game adaptation 'Five Nights at Freddy's' Records Biggest Halloween Opening Weekend at Box Office 💰 ハロウィンのイベントに打ってつけの同名ホラー・サバイバル・ゲーム映画化「ファイブ・ナイツ・アット・フレディー'ズ」が封切り同時配信なのに、「オッペンハイマー」級の成績を叩き出し、ハロウィン週末興行史上最大の文句なしの新記録を達成の大事件 ! !

今年2023年のハロウィンの10月31日は平日の火曜日ですから、あまり派手に浮かれるわけにもいかない…


…ため前倒しされて、この週末にイベントが催される傾向から、ハロウィンの週末という言い方になるわけですが、そのハロウィンのイベントのひとつとして、過激描写を控えたことで、年齢による視聴制限が実質的にないに等しい PG-13 だけに、家族や仲間と一緒に仮装し、ワイワイと出かけるには打ってつけの…


$78,000,000−(3,675館/$21,224)−$78,000,000


RT の評論家の支持率 26 % / Metacritic スコア 33 / 出口調査の CinemaScore A-

見た目の怖かわいいホラー映画「ファイブ・ナイツ・アット・フレディー'ズ」を全米公開した配給のユニバーサル映画の狙いがドンピシャ!!以上の想定を超えた驚きの成功をおさめ、ハロウィンの週末興行史上最大の封切り成績にあたる約7,800万ドルを叩き出してしまいました…!!と言っても…、


ハロウィンの週末は映画よりもパーティなど集まりのイベントが優先されるため、そんなにヒットはしないタイミングですから、ハロウィンの週末興行史上最大!!と言っても、2011年の10月28日に全米公開された「シュレック」スピンオフの「長ぐつをはいたネコ」が記録した約3,408万ドル(3,952館)、ホラー映画に限れば、2006å¹´10月27日全米公開だった「Saw」シリーズ第3作めが記録した約3,361万ドル(3,167館)と、どちらも特に大きな記録ではないので、むしろ見出しのように配給のユニバーサル映画としては…、

原作にあたる同名のホラー・サバイバル・ゲームのマニアには面白いものの、そうではない観客には退屈なホラー映画として、ジャーナリストから酷評を食らい、叩かれまくってる「FNAF」が、あろうことか同じくユニバーサル映画が配給したクリス・ノーラン監督の今夏の特大ヒット作「オッペンハイマー」の封切り成績の約8,246万ドル(3,610館)に迫る金額を稼いだことのほうがサプライズのうれしい大誤算!!

…と言うことは、ジェンと共演した「ザ・ハンガー・ゲームズ」シリーズのブームのあとは、パッとせず、言わば落ち目のようだったジョシュ・ハッチャーソンが主演した製作費わずか約2,000万ドルのマニアックなホラー・ゲームの映画化のほうが、製作費が約2億9,000万ドルのトム・クルーズ主演「ミッション: インポッシブル - デッド・レコニング Part 1」の封切り成績の約5,469万ドル(4,327館)、製作費がさらに巨額の約3億ドル以上のハリソン・フォード主演「インディアナ・ジョーンズ」第5作め「ザ・ダイヤル・オブ・デスティニー」の同成績=約6,037万ドル(4,600館)といった今夏の話題作を超えて、あざ笑うような封切り大ヒットなのか…!!


…と呆れてしまいそうになるエマ・タミー監督(ホラー・ウエスタン「ザ・ウインド」2019å¹´)がメガホンをとった「ファイブ・ナイツ・アット・フレディー'ズ」が稼いだ約7,800万ドルは、今年2023年に全米公開されたホラー映画としては、いま人気絶頂のジェナ・オルテガ出演作の「スクリーム 6」が今春3月に稼いだ封切り成績の約4,445万ドル(3,675館)を超えたばかりか、同じく今春4月に封切られたアニメ「スーパー・マリオ・ブラザーズ」が稼いだ大記録の約1億4,636万ドル(4,343館)には、さすがに太刀打ちできないものの、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 2」が昨2022å¹´3月に記録した約7,211万ドル(4,234館)を超えたことで、ゲームの映画化史上では、2番めの封切りヒット!!どころか…、

ホラー映画のヒット作を連発しまくりのブラムハウス・プロダクションズにとっては、ジェイミー・リー・カーティス主演の「ハロウィン」復活トリロジー第1作めが当然、2018年のハロウィンに向けて、10月18日全米公開で記録した約7,622万ドル(3,928館)を超えたブラムハウス史上最大の封切りヒット!!に…

…加えて、えッ?!、ユニバーサル映画の配信サービス Peacock から封切りと同時配信なのに映画館が大入り満員なんですか?!だけに、やはり冒頭のようにハロウィンの集客イベントとして大成功の「FNAF」の封切り成績は、同じく封切り同時配信だったスカーレット・ジョハンソンとフローレンス・ピューの新旧のブラック・ウィドウ・シスターズが活躍したマーベルの「ブラック・ウィドウ」(2021å¹´)の封切り成績の約8,037万ドル(4,160館)にも迫っています…!!、ただし…、


まさに記録破り!!の驚きに値いする封切り大ヒットの「ファイブ・ナイツ・アット・フレディー'ズ」は、いち早く映画館に駆けつけた原作のゲームの若いファンたちにウケたことで、出口調査のスコアがホラー映画としては異例の “ A- ” を与えられたものの、実際のところ前述のように退屈なホラー映画と酷評されているため、「オッペンハイマー」級のヒットは封切りだけで、集客は即座にしぼんでしまうだろう…と…

…予想されていますから、あのオカルト映画の代名詞「エクソシスト」(1973å¹´)の「正統な続編」と言い張った「ビリーバー」が不発だったユニバーサル映画とブラムハウスとしては、この「ファイブ・ナイツ・アット・フレディー'ズ」の封切り大ヒットのうれしい大誤算のおかげで、ひと息つけたものの、この成功を頼りに「エクソシスト」の失敗を取り返すのは難しいのではないでしょうか…?!、なお、世界の国と地域の計64の市場から約5,258万ドルを稼いだ「FNAF」の世界総額の封切り成績は、早くも製作費の6倍以上を売り上げた約1億3,058万ドルとなっています…!!


上 ↑ の 🔗 文字のリンク、またはすぐ下 ↓ のポスターの写真をタップしてください…!!

© Universal Pictures / Blumhouse Productions. All Rights Reserved.

Powered by Blogger.