Header Ads

Star Wars :「スター・ウォーズ」ファンの一部が失敗作と嘆いた「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」とは違って、覚醒トリロジーの真のテーマにそって、フィンとローズたちが活躍をする納得の結末になるはずだったらしい幻の完結編「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」の脚本が流出して、ストーリーの一部始終が明らかになった ! ! - Part 5


その J・J・エイブラムスのダース・ベイダーの扱いに怒り心頭の「スター・ウォーズ」のファンの方々は…、

カイロ・レンが改心するのは「ジェダイの帰還」のくり返しだし、途中のレイとの戦いに敗れ、瀕死のベンが死ななかったばかりか、祖父のパルパティーンとの戦いで死んだレイが生き返ったのを観て、だったら、どうして、ほかのジェダイは生き返らないのか?!、いずれにしろ、フォースを持っている者は死なない…というのを認めたかのよう描き方を観て…、


あぁ、誰も死なないのか…、ご都合主義の「スター・ウォーズ」はもう終わりだ…、バカバカしい…カイロ・レンもどうせ生き返るよ…と、サジを投げて、諦めてしまったかと思いますが、そうした全方位気配り?!みたいな J・J・エイブラムスの茶番劇と比べると、暗黒の騎士のカイロ・レンは最後まで悪役として死ぬ!!という「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」のほうが、むしろ納得できるのではないでしょうか?!

なお、幻の完結編の「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」には、ダース・ベイダーが登場する幻影のシーンがあり、カイロ・レンと暗黒の騎士同士の戦いをするはずだったそうですから、デイジー・リドリーのレイが暗黒面に堕ちた自分と戦う…!!というシーンよりも観応えがあったかもしれません…?!

Related: Star Wars :「スター・ウォーズ」の覚醒トリロジー完結編「エピソード 9」の故キャリー・フィッシャーのレイア将軍の役割について、ルーカス・フィルム代表のキャスリーン・ケネディがショッキングな発言 ! !

しかし、それにしてもコリン・トレボロウ監督が構想していた「エピソード 9」とは、故キャリー・フィッシャーのレイア将軍を前面に据えた物語であり、息子のカイロ・レンとの母子対決をテーマにしたものとして、伝えられていたのでは…?!と反論したい「スター・ウォーズ」ファンの方もいるかと思います。




そのストーリーが違うよ…と指摘されかねない点について、この「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」のシナリオの真偽を確認したロドリゴ・ペレスは、前述の構想は2016年暮れに故キャリー・フィッシャーが急逝するより前のものであり、死後に書き直されたのが、このレイア将軍は必然的にほとんど登場できない流出のバージョンだと思って、間違いないのでは…と考えています。

Related: Kelly Marie Tran On Her First Ever Press Tour : 週に40時間もバイトの売れない芸人だからと諦めかけた私が、「スター・ウォーズ」の新しい顔として、海外出張だなんて ! ! と、大感激のケリー・マリー・トラン ! !

派遣バイトの時給の生活をしていた売れない女芸人だったのが、ライアン・ジョンソン監督に見出されて、いきなり「スター・ウォーズ」のヒロインになったケリー・マリー・トランに対して、心無い人たちが SNS で「デブス、死ね!!、デブス、死ね!!、デブス、死ね!!…」のように、ひたすらバッシングし続けたことで、彼女は Instagram をやめてしまい、デイジー・リドリーも社会から武器をなくそう!!と銃根絶を訴えたことが仇となり、「お前は映画の中でブラスター銃を撃っているじゃないか!!、人殺し!!」のように言われて、Instagram をやめてしまうほか、「ザ・ラスト・ジェダイ」は失敗作という現実の評価とは裏腹のデマを大量の bot によって流されてしまい、あろうことか、それを真に受けて、信じる人たちがいるなど、「スター・ウォーズ」がくり返し、SNS の被害を被ってきたことを踏まえると…、


もう Twitter や掲示板の書き込み通りの映画を作ろうよ…、そうすれば誰も怒らない…炎上によって、心を傷つけられる被害者は出ない…というのは、もしかすると賢明な考え方なのかもしれませんが、果たして、映画を作るという創作のクリエイティヴな仕事が、そんな思慮を欠いたソーシャル・メディアの「デブス、死ね」の書き込みに左右されてしまってよいものなのか…?!

「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」が「スター・ウォーズ」としては、ヒットしていない不発におちいったのは、そんな Twitter の映画化じゃダメでしょ…、お金を払って、映画を観る観客とファンをバカにしているの…?!という不満の現われかもしれませんが…、

Related: Star Wars :「スター・ウォーズ」が電撃発表 ! !、覚醒トリロジー完結編「エピソード 9」のコリン・ トレボロウ監督を更迭 ! !

「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」の方が、もしかすると「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」よりも、スカイウォーカー・サーガの締めくくりにふさわしい映画になっていたかもしれないことを踏まえると、コリン・ トレボロウ監督の降板劇も、やはり、「ジュラシック・ワールド」(2015年)こそ大ヒットしたものの、そのあとに手がけた小品の「ザ・ブック・オブ・ヘンリー」(2017年)が酷評されたことから、そんなダメ監督に覚醒トリロジーの完結編を作らせるのか?!、監督を交代させろよ…!!と、SNS でバッシングのブーイングを食らった影響だったのかもしれません…?!


SNS のユーザーの顔色ばかり窺って、臆病になった「スター・ウォーズ」はもう腰抜け映画のように言われても仕方がないように思われますが、CIA リーダーのジェダイの騎士のみなさんは「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」と「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」とでは、どちらの方がより完結編にふさわしい…と思われたでしょう…?!

それにしても、例えば「ドラゴンボール」のファンの方の中に、鳥山明先生は嫌いだ!!なんて人はまず、いないと思いますが、「スター・ウォーズ」のファンの中には、ジョージ・ルーカスを嫌っている人たちが少なからず、いるわけですから、とっくに作品とファンとの関係がねじれてしまっているのは本当に厄介ですね…。

Star Wars :「スター・ウォーズ」ファンが失敗作と嘆いた「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」とは違って、納得の結末になるはずだったらしい幻の完結編「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」の脚本が流出して、ストーリーの一部始終が明らかになった ! ! - Part 1

Star Wars :「スター・ウォーズ」ファンが失敗作と嘆いた「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」とは違って、納得の結末になるはずだったらしい幻の完結編「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」の脚本が流出して、ストーリーの一部始終が明らかになった ! ! - Part 2

Star Wars :「スター・ウォーズ」ファンが失敗作と嘆いた「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」とは違って、納得の結末になるはずだったらしい幻の完結編「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」の脚本が流出して、ストーリーの一部始終が明らかになった ! ! - Part 3

Star Wars :「スター・ウォーズ」ファンが失敗作と嘆いた「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」とは違って、納得の結末になるはずだったらしい幻の完結編「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」の脚本が流出して、ストーリーの一部始終が明らかになった ! ! - Part 4

Star Wars :「スター・ウォーズ」ファンが失敗作と嘆いた「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」とは違って、納得の結末になるはずだったらしい幻の完結編「デュエル・オブ・ザ・フェイツ」の脚本が流出して、ストーリーの一部始終が明らかになった ! ! - Part 5

Photo Credit: © Disney / Lucasfilm. All Rights Reserved.


Powered by Blogger.