Header Ads

'Dungeons & Dragons: Honor Among Thieves' Opening Weekend Box Office slightly Higher than Forecast 💰 ファンタジー・アドベンチャー映画の近年の傑作と好評の「ダンジョンズ & ドラゴンズ」が、ほぼ期待値にそった手堅い封切りヒットのデビューを達成 ! !

映画ファンの方には「トランスフォーマー」シリーズの大ヒットや、「G.I.ジョー」シリーズなど…




…を手がけたことで知られる玩具メーカーのハスブロが、傘下におさめたカナダの総合エンタメ企業 eOne を通じて、前述の代表作と同様に自社が販売する商品の同名の長寿人気ゲームを映画化した「ダンジョンズ & ドラゴンズ : オーナー・アマン・スィーブズ」は…、


$38,500,000−(3,855館/$9,987)−$38,500,000


RT の評論家の支持率 91 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore A-

先月3月半ばに開催されたサウス・バイ・サウスウエスト映画祭でのプレミア上映の結果が、すこぶる絶賛の驚きの満点評価!!だったことで、期待の口コミが拡がり、果たして、どれだけのヒットになるのか?!と注目されていましたが、配給のパラマウント映画が公表した封切り成績は約3,850万ドルでした…!!と書けば…、


同じくファミリー向けの娯楽作に含められるコミックヒーロー映画の「シャザム」シリーズが墜落した続編「フューリー・オブ・ザ・ゴッズ」の不発の封切り成績の約3,011万ドル(4,071館)よりはヒットだけど、ちょうど1年前の2022年同時期に公開されたジャレッド・レト主演の絶不評のブーイングで叩かれたアンチヒーロー映画の失敗作「モービウス」が惨敗した約3,901万ドル(4,268館)と同等の封切り成績か…

…となるため、ややガッカリ…の感も抱かれそうですが、しかしながら、トム・ホランド主演の「スパイダーマン」シリーズの第1作め「ホームカミング」(2017å¹´)のシナリオを執筆したことや、謎解きゲームのクライム・コメディの共同監督作「ゲーム・ナイト」(2018å¹´)がウケたジョナサン・ゴールドスタインとジョン・フランシス・デイリーの監督コンビに期待されたノルマの封切り成績は、3,000万ドルから4,000万ドルの範囲でしたから、想定の上限の4,000万ドルに到達はできなかったものの、ほぼ存分に期待に応じられた…あるいはやや超えたと言える好成績の結果を出した成功!!と見なすことができそうですし…、

トム・ホランド主演の人気ゲームの映画化「アンチャーテッド」が、製作費の約1億2,000万ドルに対して、約4,401万ドル(4,275館)の封切り成績を稼いで、シリーズ化が決定した前例を踏まえると、そのマーク・ウォールバーグ共演作が不評だったのとは違い、「ダンジョンズ & ドラゴンズ」はファンタジー・アドベンチャー映画の娯楽作としては近年まれの愉快痛快の傑作!!として、映画の格付けサイト Rotten Tomatoes でのジャーナリストの支持率が 90% を超え、封切り興行の出口調査の評価も約8割の観客が周囲に薦めたいと回答の最高に近いスコアの A- を与えられている口コミ良好だけに、客足は持続できそうですから…、


ハスブロとパラマウント映画が近日中に続編の「ダンジョンズ & ドラゴンズ 2」の製作発表をしたとしても、それは当たり前!!と受けとめられるのではないでしょうか…!!、なお、ピーター・ジャクソン監督の「ザ・ロード・オブ・ザ・リングス」シリーズの大成功で知られるニュー・ライン・シネマの大失敗作として知られる 2000年公開の旧作の「ダンジョンズ & ドラゴンズ」の国内での封切り成績は約724万ドル(2,078館)、そして、世界総額の最終的な興行成績は現在のお金の価値に換算すると約5,956万ドルに相当する約3,377万ドルだったので…、

世界の計58の国と地域で稼いだ約3,300万ドルを含めた世界総額のオープニング成績が約7,150万ドル!!の新作の「ダンジョンズ & ドラゴンズ」は、すでに旧作の「ダンジョンズ & ドラゴンズ」を超えていることになります…!!


上 ↑ の 🔗 文字のリンク、またはすぐ下 ↓ のポスターの写真をタップしてください…!!

Photo Credit: © Paramount Pictures. All Rights Reserved.

Powered by Blogger.