Header Ads

'Mission Impossible: Dead Reckoning Part One' Falls Short of Expectations, but sets New Franchise Record 💰 トム・クルーズ主演の「ミッション: インポッシブル」史上一番面白い ! ! と好評の「デッド・レコニング Part 1」が期待値に届かなかったシリーズ最大封切りヒットの新記録を達成 ! ! という微妙なデビューの期待大の成功 ! !

主演のトムが信頼を置く相棒のクリエイティヴ・パートナーの名脚本家クリストファー・マッカリーが…


前々作にあたる第5作めの「ローグ・ネイション」(2015å¹´)と前作の「フォールアウト」(2018å¹´)から続けて、監督をつとめ、3連投のメガホンをとったシリーズ最新の第7作め「デッド・レコニング Part 1」を、先週の水曜日の7月12日に全米公開した配給のパラマウント映画が公表した週末3日間の封切り成績は…


$56,200,000−(4,327館/$12,988)−$80,004,000


RT の評論家の支持率 96 % / Metacritic スコア 81 / 出口調査の CinemaScore A

最終版の予告編にあわせて、お伝えした期待値の7,000万ドル前後には、まったく届かなかった残念だけに期待ハズレの約5,620万ドルだそうですから、前作「フォールアウト」が叩き出したシリーズ史上最高封切りヒットの約6,124万ドル(4,386館)を超える成功はおさめられなかったものの…、


初日の水曜日から数えた計5日間の封切り成績としては、やはり期待された大台の1億ドル突破を果たせず、約8,000万ドルに甘んじましたが、約23年昔の2000å¹´5月24日の水曜日に全米公開されたジョン・ウー監督が手がけた第2作めのシリーズ史上最大の計5日間の封切り成績の記録=約7,820万ドル(3,653館)は超えたことで、パラマウント映画の宣伝担当のパブリシストはシリーズ最大封切りヒットの新記録を達成!!と声高に言っちゃって、かまいません!!、ただし…、

それはあくまでも見た目の数字の比較であって、約23年昔の「M:I-2」の計5日間の売り上げは、いまのお金の価値にすれば、およそ1億3,791万ドルにも相当する大ヒット!!でしたから、つまり、いまの映画ファンにわかりやすいマーベル作品と比較すると、トムはトムでもホランド主演の「スパイダーマン」の第1作め「ホーム・カミング」(2017å¹´)の5日めの成績の約1億2,923万ドル(4,348館)を超えて…、

この「デッド・レコニング Part 1」での悪のヒロインぶりが絶賛されているポムちゃんの今夏のマーベルの大ヒット作「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー Vol.3」の同じく5日めの成績の約1億3,842万ドル(4,450館)と「M:I-2」は同等どころか、当時の鑑賞券の平均価格は現在の半額ぐらいに安かったわけですから、動員では圧倒的に勝っていた…!!


…となるため、やはり約27年昔の1996年に第1作めが公開されて、トム・クルーズも還暦を過ぎた61歳だけに「ミッション: インポッシブル」の人気は衰えていない…とは言えませんし、コロナ禍の製作中止に再三見舞われ、製作費が巨額の3億ドルに近い約2億9,100万ドルにまで膨らんでしまったのに、期待にそう成績を出せなかった…というのは…、



約42年昔の1981年に第1作めが封切られたハリソン・フォード主演「インディアナ・ジョーンズ」のまさかの第5作め「ダイヤル・オブ・デスティニー」が、同じく3億ドル近い約2億9,500万ドル超を投じながら、まったく期待ハズレの封切り成績の約6,037万ドル(4,600館)しか稼ぐことができず、今夏最大どころか、今年2023年最大の沈没映画として、ディズニーは巨額の赤字を抱え込むぞ!!などと揶揄されているのと、この「ミッション: インポッシブル 7」も変わらない沈没じゃないか!!と言われそうです。しかしながら…

ハリソン・フォード主演作とトム・クルーズ主演作との大きな違いは、「インディ 5」の出口調査の観客の満足度が80%を切っていたのに対し、「デッド・レコニング Part 1」は90%を超えている好評ですし、映画の格付けサイト Rotten Tomatoes の評価の支持率は前者が68%に対して、後者はシリーズ史上最高!!と言える96%ですから、つまり、1作ごとにつまらなくなる…と蔑まれる「インディアナ・ジョーンズ」とは違い、「ミッション: インポッシブル」は 1作ごとに面白くなる…!!と明暗を分けて、それが如実に数字に現われた結果として…、

🔗 Related : Rome Car Chase Featurette for 'Mission Impossible: Dead Reckoning Part One' starring Tom Cruise, Hayley Atwell and Pom Klementieff :「ミッション: インポッシブル」シリーズの第7作め「デッド・レコニング Part 1」が、怖いもの知らずのトム・クルーズが現実に片手ハンドルで危険なカー・チェイスに挑んだ「ルパン三世」みたいな見せ場を紹介したメイキングのプロモ・ビデオをリリース ! !


冒険王のインディアナ・ジョーンズの世界総額の封切り成績が約1億3,000万ドルだったのに対して、スーパースパイのイーサン・ハントは、1億ドルも多い約2億3,500万ドルを叩き出しています!!、よって、主にアメリカ国内での人気を頼りとする「インディアナ・ジョーンズ」に対し、「ミッション: インポッシブル」は世界の観客に広く支持されているのは明らかだけに、シリーズ史上1番面白い!!と言われる「デッド・レコニング Part 1」は、これからさらに海外市場での動員の伸びが期待できそうですし…、


「インディアナ・ジョーンズ」の北米の観客の4人のうちのひとりが55歳以上に対し、5人のうちのひとりが55歳以上の「ミッション: インポッシブル」は口コミの評判がよいため、大人の観客は混みあう封切りには駆けつけず、あとから遅れて、徐々にやって来る…のセオリーに従って、動員を粘り強く持続する可能性のロングセラーへの発展にも期待が持てそうですから、今のところ、パラマウント映画もディズニーのように巨額赤字を抱え込むぞ!!とはならず、現在は全米映画俳優組合のストライキの影響を受けて…、



撮影を休止しているクリストファー・マッカリー監督の4連投めの後編「デッド・レコニング Part 2」(来年2024å¹´6月28日全米公開予定)も控えていることを踏まえると、トム・クルーズは前後編あわせて、最終的には巨額の製作費を回収してしまうかもしれませんね!!、映画はタイトルや出演者の知名度や人気に依存するのではなく…、

あくまでもいま観て面白いかどうかの中身だろ!!とばかりに「ミッション: インポッシブル」をけして、あぁ、昔はよかった…若いころはよかった…と後ろ向きに思わせるノスタルジー商法の「懐かシネマ」にはせず、いま現在の実力勝負にこだわって、すべて本当に実写(↑↓)の絶体絶命チャレンジに挑み続けるトムは映画はどう作るべきかの王道を心得た正解だと思います…!!、観客は自分と同じ生身の人間の役者たちの偉業を目のあたりにして感激し、元気をもらったりするわけですから、人工知能が生成する AI アクターなんて、いりません!!


上 ↑ の 🔗 文字のリンク、またはすぐ下 ↓ のポスターの写真をタップしてください…!!

© Paramount Pictures. All Rights Reserved.

Powered by Blogger.